会社沿革

千田みずほ株式会社

1919(大正8年) 千田商店創業。食料品、雑穀類の卸、小売を始める。
1967(昭和42年) 株式会社千田商店設立。法人化。
1976(昭和51年) 原料米加工を目的とした「みずほ物産株式会社」を新潟県に設立。
1976(昭和51年) (株)千田商店 食糧庁より自主流通米の買付代行業者の承認を受け、全農と直接取引を開始。
1977(昭和52年) (株)千田商店 神奈川県米菓工業協同組合の委託加工工場に指定される。
1982(昭和57年) (株)千田商店・みずほ物産(株) 食糧管理法の改正に伴い、特定米穀販売業および特定米穀集荷業の許可を受ける。
1985(昭和60年) (株)千田商店・みずほ物産(株)合併、「千田みずほ株式会社」設立。
1989(平成元年) 食糧庁より他用途利用米の委託加工工場の認定取得。
1996(平成8年) 新食糧法の施行に伴い米穀卸売業者登録。
1997(平成9年) OCIA(有機農作物改良協会)の認定を受ける。
1998(平成10年) BG無洗米の加工設備完成。自社による製造販売を開始。
2001(平成13年) 横浜工場、新潟工場 有機JAS認定取得。
2002(平成14年) 顧客サポートを目的にウェブページ(gohansuki.com)を開設。
2003(平成15年) 横浜工場 リーファース認証(トレーサビリティ)取得。
2003(平成15年) 本社、横浜工場 ISO14001認証取得。
2004(平成16年) (財)全国米穀取引・価格形成センターへ売り手、買い手登録。
2006(平成18年) 農林水産省ユビキタス事業へ参加。
2006(平成18年) チーム・マイナス6%に参加。
2007(平成19年) 新潟工場 主食用精米設備稼働。
2008(平成20年) BG無洗米の加工設備増設。
2010(平成22年) 千田グループ チャレンジ25に参加。
2010(平成22年) 千田グループ FOOD ACTION NIPPONに推進パートナーとして参加。
2011(平成23年) (株)加工用米取引センターへ出資。
2011(平成23年) 農作物検査法による登録検査機関登録。
2014(平成26年) “fun to share” 参加。
2014(平成26年) 日本精米工業会精米工場品質システム(JRQS)認定取得。

株式会社ジャンボリア

1980(昭和55年) 外食事業部門として株式会社ジャンボリア設立。お弁当製造販売開始。
1988(昭和63年) 横浜市鶴見区に鶴見工場開設。お弁当・炊飯米の工場生産開始。
1991(平成3年) 横浜市保土ヶ谷区に横浜炊飯加工工場開設。
1992(平成4年) 無菌化包装米飯工場開設。無菌パックご飯販売開始。
2008(平成20年) 横浜市内に米飯工場(現ジャンボリア・フード・センター)竣工。
2009(平成21年) 炊飯HACCP認証取得。
2009(平成21年) 京急久里浜駅にアンテナショップ開店。
2010(平成22年) 炊飯・おにぎりの商品開発及び製造においてISO9001認証取得。