食品安全マネジメントシステム(FSMS)

千田みずほ株式会社では「お客様の満足向上を計り、常に信頼される製品を提供することが、
日本の食文化を大切にする」の経営理念のもと、食品安全方針を掲げています。

食品安全方針

千田みずほ株式会社は、食のプロフェッショナル集団として、全社員が高い志と情熱を持って、「安全なおいしさ」、「健康的な食生活」、「安心な環境」の提供という不変のテーマに挑戦し、皆さまの豊かな人生を創造し続けてまいります。

お客様へ安全で安心な商品を提供するために、生産及び品質の改善活動に努めます。

  1. わたしたちは、顧客満足向上を計り、お客様に常に信頼される「安心」、「安全」で魅力ある商品を提供します。
  2. わたしたちは、国際規格FSSC22000に基づいた食品安全マネジメントシステムを構築し、その意図した結果が達成できるように教育、訓練を実施します。また、食品安全に関わる人材の育成を行い、力量向上に取り組みます。
  3. わたしたちは、食品に関する法令・規制要求事項および顧客要求事項を遵守します。また、お取引先様にも法令、規制要求事項の遵守を求めます。
  4. わたしたちは、食品安全マネジメントシステムの有効性を、継続的に改善します。
  5. わたしたちは、食品安全を確保する上で、内部及び外部とのコミュニケーションの重要性を深く認識します。

千田みずほ株式会社ではより高水準なご要望に対応するためにFSSC22000の認証を取得しました。

FSMSとはFood Safety Management Systemの頭文字をとったもので、食品安全マネジメントシステムと表記されます。安心・安全な食品を消費者に届けるために、食品安全を脅かすハザード(危害)を適切に
管理する仕組みによる保証を目指したものです。グローバル化した社会で通用する食品安全規格として、FSSC 22000(食品安全システム認証22000)などがあります。

精米HACCP認定工場

千田みずほ株式会社では安全・安心への取り組みとして精米HACCPの認証(横浜工場、新潟工場)を取得しています。

精米HACCP規格
日本精米工業会の精米HACCP規格は、コーデックスガイドラインに沿ったHACCP手法に基づき、食品安全・品質管理・衛生管理・食品防御等の取組みに関し、精米工場に必要とされる要求事項を定めています。

製造工程管理
精米HACCPは、食品の安全確保の国際標準であるHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)手法に基づき、精米工場において、精米の安全を確保し、品質管理、衛生管理、汚染防御管理を行う総合工程管理の取り組みです。

ISO22000

株式会社ジャンボリアでは「お客様の満足向上を計り、常に信頼される製品を提供することが、
日本の食文化を大切にする」の経営理念のもと、食品安全方針を掲げています。

食品安全方針

株式会社ジャンボリアは、食のプロフェッショナル集団として、全社員が高い志と情熱を持って、「安全なおいしさ」、「健康的な食生活」「安心な環境」の提供という不変のテーマに挑戦し、皆さまの豊かな人生を創造し続けてまいります。

お客様へ安全で安心な商品を提供するために、生産及び品質の改善活動に努めます。

  1. わたしたちは、顧客満足向上を計り、お客様に常に信頼される「安心」、「安全」で魅力ある商品を提供します。
  2. わたしたちは、国際規格FSSC22000に基づいた食品安全マネジメントシステムを構築し、その意図した結果が達成できるように教育、訓練を実施します。また、食品安全に関わる人材の育成を行い、力量向上に取り組みます。
  3. わたしたちは、食品に関する法令・規制要求事項および顧客要求事項を遵守します。また、お取引先様にも法令、規制要求事項の遵守を求めます。
  4. わたしたちは、食品安全マネジメントシステムの有効性を、継続的に改善します。
  5. わたしたちは、食品安全を確保する上で、内部及び外部とのコミュニケーションの重要性を深く認識します。

ジャンボリア・フード・センターでは、より高水準なご要望に対応するためにISO22000の認証を取得しました

ISO22000とは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)が定めた食品安全の規格です。別名をFSMS(Food Safety Management System:食品安全マネジメントシステム)とも言います。
その構成は、マネジメントシステム(経営のしくみ)部分と食品安全を担保するためのHACCP(危害要因分析と重要管理点)部分から成ります
総じて食品事故発生のリスク低減と再発防止を目的とした仕組みであり、消費者に安全な食品を提供することを目的としてつくった規格です。

炊飯HACCP認定工場

株式会社ジャンボリアでは安全・安心への取り組みとして、炊飯HACCPの認証を取得しています。

炊飯HACCP規格
日本炊飯協会の炊飯HACCP規格は、原材料の受け入れから製造・出荷までの全工程において、危害発生につながる
ポイントを連続的に監視、記録することにより危害防止をはかり、製品の安全性を確保するシステムです。